TOMOROH’sBlog

スカイラインとROOX、トレンドマイクロ関係と時々なにか。

シャープ製android端末のバッテリーの消費対策。

   

JUGEMテーマ:コンピュータ
カテゴリがいい加減違う気がしますが、この辺で。

こんばんわ。
TOMOROHです。

私はsoftbank 102SHを利用しており省エネについて結構がんばったつもりでしたが、
まだ見落としていたところがあったのでメモがてら書いておきます。

シャープ製のandroidOSを搭載したスマートフォンの場合、
「エコ技設定」
という独自の省エネ設定を簡易に設定できるモードがあります。
私も当然利用しており、常に「技ありモード」を利用しています。 
が、この設定の中にさらに細かい設定があるようです。

①「エコ技設定」を起動します。
②「技ありモード」横の編集をクリックします。
③「省エネ待受」横の「?」をクリックします。
④「ヒント」が表示されるため、「詳細」をクリックします。
⑤「省エネ待受」の「対象外リスト」にアプリケーションの一覧が表示されます。
⑥待ち受け中に動作させたくないもののチェックをはずします。

正直これでどれだけの効果があるかわかりませんが、これがあることに気づいたのは、
後輩との会話です。

技ありモードにしていても、「楽天edy」のオートチャージがうまく動かなかったんです。
理由が、この「省エネ待受」で除外リストに入っていなかったせい。

困ってる人がいたら参考になれば幸いです。

以上

 - iPhone/iPad/Android関係