TOMOROH’sBlog

スカイラインとROOX、トレンドマイクロ関係と時々なにか。

「サイバーセキュリティ」9月14日のNHKプロフェッショナル仕事の流儀をみて。

   

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、今日(もうすでに日が変わってるので昨日ですが)のNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」についてです。

この名和さんについてです。

現在、「サイバーセキュリティ研究所」のセキュリティ担当者であり、創立者。
そして、「ファイアー・アイ(FireEye)」最高技術責任者(CTO)兼務

なお、「FireEye」は最新のセキュリティ対策製品を販売している会社で、そこの「CTO」って正直どんなものか正直理解できません。

今回のテレビ放送は、国会でやってる「安保法案」との関係を勘ぐってしまう内容でした。

だって、ネットの世界ではほぼ戦争状態ってことを言ってるんですけど。
この番組。

ネットの世界は国境は関係ありませんので、世界中から攻撃を24時間受けているという状況ですし。
日本は物理的には島国なので、結構このあたりは緩いんだろうなぁと。

なお、現在日本で発見されるフィッシングサイトや不正アクセスの通信元
結構中国多いです。

先日、不正サイトにリダイレクトされるサイトを発見したのですが、リダイレクト先は彼の国でした。
なお、不正プログラムが設置されたサイトは日本語のサイトでしたが、ドメインはアメリカだったりと結構巧妙です。
※もう正直めんどくさいので詳細は忘れました。

とまあ、日々私たちのそばに普通に存在しつつある脅威についてどう対策を取っていくべきなのか
考えてほしいという意味での放送であったのだろうと思います。

なので、物理的な戦争についてよく考えるべきというのも当然大事です。
ですが、インターネットの世界で起きていることも現実なんですよね。
ネットだからといって関係ないと思わずに、一人でも多くの方に関心を持っていただきできる範囲でセキュリティ対策を考えてほしいと感じる内容でした。

なお、土曜日に再放送があります。
セキュリティに携わる人だけでなくインターネットにかかわる人すべてに見てほしいなぁと思います。

追伸:
DeNAの担当者の人たちはちょっとかわいそうでしたね。
あれだと、レベル低いって判断されるような使われ方でしたし。
おそらく、それなりのレベルにある人たちだと思います。
きちんと、各人が意見出してましたし。

[PR]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
短期間で運転免許を取りたい方

ウイルスバスターのご購入はこちら

NECアウトレット商品ノートPC

【SALE】ノートンシリーズ大好評販売中!





 - コンピュータ・インターネット関係