TOMOROH’sBlog

スカイラインとROOX、トレンドマイクロ関係と時々なにか。

トレンドマイクロ主催「親子で学ぼう!夏休みインターネットセキュリティ教室」に参加しました。

   

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、世の中の学生さんは夏祭り夏休み真っただ中。
親としてはどこかに連れて行って、こどもの日記のネタを見つけないといけない場合も多々あります。

そんな中、
広島市内でインターネットプロバイダ「メガ・エッグ」を運営する「エネルギア・コミュニケーションズ」さんと
ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」を販売する「トレンドマイクロ」さんが協賛で実施するイベント

http://www.megaegg.jp/

光ファイバー、インターネット接続サービスのメガ・エッグ(MEGA EGG)

http://www.megaegg.jp/

http://www.trendmicro.co.jp/jp/index.html

Trend Micro | トレンドマイクロ

http://www.trendmicro.co.jp/jp/index.html

「親子で学ぼう!夏休みインターネットセキュリティ教室」

へ参加してきました。
※申し込みは大体6月末ぐらいに開始です。

今回8回目というこですので、最初に受講された方は、20歳になる人もいるわけですね。

参加資格としては、小学生4年生~6年生とその親ということで、
うちの子は6年生。

来年からは中学生ですので、スマートフォンを持たせるかどうかかなり悩むところです。

そういった面でも、インターネットについて正しく理解し、危険を回避できる能力を持ってほしいというのが、
今回参加した理由です。

前段

さて、当日は現地周辺でお昼ご飯を食べようと息子と二人で会場周辺をぶらぶらしてました。

うちの子は、外食しようというと
「ラーメン」
「焼肉」
ぐらいしか言わないので、非常に困ってしまいますが、

近くに

https://ichiran.com/

天然とんこつラーメン 一蘭

https://ichiran.com/

一蘭 広島本通店
があり、そこに行くことに。

おいしかったです。
いやぁ、良かった×2

お昼ご飯も食べましたので、会場へ。

本題

イベント会場は、こちら。

http://www.andersen.co.jp/hiroshima/

広島アンデルセン | アンデルセン

http://www.andersen.co.jp/hiroshima/

広島では有名なパン屋さん。
ご飯を食べたばかりでしたが、パンの良い香りがしてつられてしまそうになります。

いや、ほんとパン買えばよかった。(後悔)

誘惑を無視して、会場へ。


会場はエレベーターでのアクセスとなります。

なにに驚いたかといえば、
広島のメディア(広島テレビ・広島HOME)中国新聞などの取材が入っていたこと。

実は、事前に情報として取材などがあることの通知はあったのですが、
テレビカメラを見るのはそうそうないので、びっくりでしたね。

入り口で受付をすまして、
会場内へ。

会場内は、
メガエッグの黄色

トレンドマイクロの赤
でなかなか派手でした。

トレンドマイクロの方は赤いTシャツを着ておられたので、次回から
Carpのユニフォームを着てほしいと思います。

内容

当日のアジェンダというかタイムスケジュールです。

インターネットに関するセキュリティについては、昨今急激に変化しており、
5月に流行した
「Wannacry」
など、身代金型ウイルスが増えておりそういった面のお話は、
ありませんでした。
※なかったといっても詳細の説明がなかっただけで、話題となったという話はありましたけど。
 正直、説明されても一般の方は理解できませんし、理解する必要もないのでしょうね。

インターネットの危険について

トレンドマイクロの方の説明が始まりました。
自己紹介がありましたので、FacebookとLinkdinを探しましたが、見つけられず。
さすがというか、なんというか。
※決してソーシャルハッキングをかけようとか思ってませんので。

なお、インターネットの脅威として、一般的な事項についての説明がありました。

インターネットをしているといきなり
「お金を払ってください」
というような詐欺的なメッセージが表示されたり。

これらについてどう対処するか?
このあたりは、社会人の方は会社のコンプライアンスなどで、説明を受けておられるかと思います。

ただ、詳しくない
子供
にとってこういった機会でもない限り
知る方法はありませんしね。

ここでの私個人のポイントは
「is702」
がインターネットセキュリティナレッジ
の略であったとのこと。

is702ってなに?
って思ってた長年の疑問が解決してすっきりしました。
702でナレッジと読ませるのは無理があるのでは??

親子で考える暗号解読

ここから、タブレットを利用してのお話です。

タブレットは、ASUS(エイスースー)のAndroidタブレット。

ちょっと、悪さをしてみようと触ってみましたが、やはり不正操作禁止されてました。
※普通の人はそんなことしないと思いますが、どうしてるか気になるもので。

実際は、PowerPointの資料を見ていくようなイメージで説明は進みます。

簡単な暗号についてもお話でしたが、
これは、インターネットの安全性について基本となるお話ではあるのですが、
なぜ暗号の話をするのか?
なぜ解読するのか?
このあたりは、難しかったかもしれません。

Webサイト見てる時の鍵マーク。
どういう技術で成り立っているのかを理解するための説明だったとは思うのですが。

一般の人には仕組みを理解しておくことが安全につながる面もあるのですが、子供に理解させるのは中々難しいところです。
それを今回謎解き形式でやってみたのは良かったと思います。
推理ゲーム的でうちの子も中々楽しかったようですし。

なお、うちの子にヒントを与えすぎたことをちょっと後悔してます。
もう少し悩ませればよかった。

この後休憩があったのですが、
子供のほうはテレビと新聞社の取材で緊張したらしく
「足が震えが止まらない」
とかいってました。
自分が子供のころに取材を受けていたらそうだったかもなぁと思ってみたり。

親子で考えるインターネットのルール

休憩時間にアンデルセンのおやつがありました。
ジュースやコーヒーもあったので、ゆっくりコーヒーが飲みたかったのですが、時間があまりなく堪能できませんでした。
こればっかりは、別途訪問したいと思います。

今回の本題である、インターネットを利用する際のルールです。

インターネットを利用する上で、こどもは驚くほど素直で無知です。
守るためには、どうするか?

やはり親が守るしかないわけですが、全部は対応できません。

ここでのポイントは、
スマートフォンと家庭のインターネット環境で環境が違うことです。

スマートフォンであれば、
docomoやau by KDDI、softbankといった通信キャリアが提供する制限機能が利用できます。

しかし、家庭ではインターネットを利用するのにWi-Fiを利用するのが一般的です。
このWi-Fiの場合、通信キャリアの制限機能が無効になる可能性があります。

さらに、家庭には
3DS
Wii U
PS Vita
といったゲーム機だけでなく、
テレビやタブレット
といったインターネットに接続できる機器が数多く存在するはず。

そういった面を理解したうえで、技術的な対策として
・危ないサイトは見れないようインターネットへの出入口でアクセスを制限する
・インターネットにアクセスできる時間を制限する
そういった機器を導入するのが危険を回避するのが簡単です。

そのうえで、
危険なものにあった場合にどうするかを話し合いルールで決めておくのがベターなのですが。

ですので、
・わからないことが起きたら、勝手に判断せずに親に聞く。
・重要なことは親と一緒にする。(または親が実施する)
というのが一般的な結論になるというのが、私として解でした。

親が楽したかったらそんな機械もあるよということで、
後ろのコーナーに

展示があったのですがあまり見ている人がいなかったような。

良い機械なんですけどね。

最後に。

親子で考えるインターネットのルールについては、私たちが子供のころでいうと、
家庭用ゲーム機
に対するルールによく似ているなぁと感じました。

ゲームは1日1時間
とかですね。

わかっていない親は
「ゲームをすると馬鹿になる」
という意見もあったような気もしますが、

今では
「インターネットばかりすると~」
となるのでしょうか?

便利なツールなので、子供には正しい使い方をしてほしいと思いますが。

今回参加してよかったなぁと思ったのは、普段はこどもとこんな話をする機会はなかったので、
たまには、こういったことで話をする機会が作れたことでしょうか。

なお、今回参加できなかった方は、

https://www.is702.jp/download/partner/12_t/

トレンドマイクロ is702

https://www.is702.jp/download/partner/12_t/

トレンドマイクロさんが公開している資料をもとにお子さんと一度話してみると良いかもしれません。

あと、我が家では家庭で危険なサイトへのアクセスを禁止するために
NEC製のブロードバンドルータのオプションサービスを利用していたのですが、これはインターネットの利用時間が制限できませんでした。

展示のあった

http://safe.trendmicro.jp/products/vbhn.aspx

ウイルスバスター for Home Network – トレンドマイクロ

http://safe.trendmicro.jp/products/vbhn.aspx

こちらについては、インターネットの利用できる時間を制限できることから、こちらに乗り換えようかと思います。

ではでは。

[PR]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
短期間で運転免許を取りたい方

ウイルスバスターのご購入はこちら

NECアウトレット商品ノートPC

【SALE】ノートンシリーズ大好評販売中!





 - イベント参加