生活・雑貨

メニエール病について

JUGEMテーマ:日記・一般

 
こんばんわ。TOMOROHです。
私自身、メニエール病患者であると事前に言っておきます。

5年前に突発性難聴を患い、ステロイド系の投薬により一時的に治っていましたが昨年4月に同様の事象が発生したため、耳鼻科へ診察を受けると
「メニエール病」
とのこと。

「メニエール病とは?」ということですが、

メニエール病(英名 Meniere’s disease)とは激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患である。
フランスの医師プロスペル・メニエール(Prosper Ménière)が1861年に初めてめまいの原因の一つに内耳性のものがあることを報告したことからこの名前がついている。「メニエル病」「メヌエル病」「メニエール氏病」とも言われる。
厚生労働省の特定疾患に指定されている難病である(ただし医療費の助成のある特定疾患治療研究事業対象の疾患ではない)。
(wikipediaより転記)

とのこと。
私自身、仕事の勤務時間が長時間にわたることが多く、帰宅後もなんだかんだで睡眠時間がかなり短い日々が続いています。

当然、自分なりに情報を収集してますしどういった病気かも理解しています。

が、

西洋医学で治らないといわれても、患者は納得できません。
耳鳴りが激しく、人が多く雑踏が苦痛です。
そうなると、どうしても外出を控えるようになり。。。
悪循環です。

とまあ、いったところでどうしようもないのですが気になる記事を見つけました。
視線や首の運動がめまいに効く理由とは?」(日経メディカル オンライン)

こちらの記事をみると完治はしなくても、改善は可能ということ。
今回取り上げられている「横浜市立みなと赤十字病院」へは遠すぎて通院は不可と判断し、なにかほかに手がないかと思ったところ記事内に本を出版しているとの記載が。

「 めまいは寝てては治らない 」中外医学社

amazonでは売り切れのようなので、いくつかみて回ると紀伊国屋に在庫ありの記載が。
とりあえず、注文してみました。

当然通院は続けますが、自分にもできることがあるならやってみる価値はあるかと。


「メニエール病 完治」で検索すると、情報商材系のサイトがいくつか見られます。
「治らなかったら全額返金」とか書いてありますが、治る手法があるなら「特定疾患」ではないと思う。
藁をもつかむ思いで調べてるのにそういったサイトを見ると、ちょっとげんなり。
こんなことやってるから、「情報商材は詐欺」とか言われてしまうのです。
とか、思ってみたり。

本が届き、改善が見られたら追って報告したいと思います。
ではでは。

広告

-生活・雑貨

Copyright© TOMOROH’sBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.