コンピュータ・インターネット関係

TrendMicro WebManagerでMicrosoftを誤検知した件について

JUGEMテーマ:インターネット

こんばんわ。
年賀状がやっと終わってホッとしてます。
TOMOROHです。

さて、タイトルの件。
ここ数日忙しくて今日知ったのですが、
「いじくるつ~る」
の誤検知の件とは別問題なんですよねぇ。

コンシューマー向けはトレンドマイクロの独自データベース
企業向け「WebManager」はNetStar社提供のデータベース利用。

トレンドマイクロなにやってんの?って人はきちんと情報調べるべきかと。
※共同出資の関連企業のため、一概にそうとはいえない模様。失礼致しました。(1/15追記)

で、気になったのはこの「NetStar社」ごめんなさいの文章。

URLデータ誤配信に関するご報告(Netstar株式会社)
http://www.netstar-inc.com/announcement/20121226.html

「下記製品に向けた」と書いてありながら、対象が書いてないという。

で、同じデータベースを利用していると思われるもの

URLリストを用いた製品の例 製品・サービス|ネットスター株式会社
http://www.netstar-inc.com/product/partner.html
・サイトアンパイア
・ファミリースマイル
といったものだけでなく、

アルプス システム インテグレーション株式会社
  InterSafe WebFilter
  InterSafe CATS

バリオセキュア・ネットワークス株式会社
  VSRマネージドセキュリティサービス

富士通株式会社
  IPCOM EXシリーズ

株式会社マナックス
  マナックスフィルタリングソフト Castanet(カスタネット)

など。

さらに、可能性があるとすると、
携帯キャリアの提供するフィルタリングサービス。

で、ぱっと見た限り、きちんと報告しているのは
TrendMicroだけ。

ま、クライアント数でいうとTrendMicroが大きいのでこれは仕方ないのかも
しれませんが。


なので、もし全てに影響があったのなら、それはそれできちんと
報告すべきではないですか?

あぁ、決してURLの登録申請して通らなかったからって書いてるわけじゃないですよ。
影響範囲が世間に広まってなく、正直に報告したトレンドマイクロだけ悪評がたつのがフェアじゃないと思っただけですので。

 

広告

-コンピュータ・インターネット関係

Copyright© TOMOROH’sBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.