TOMOROH’sBlog

スカイラインとROOX、トレンドマイクロ関係と時々なにか。

かんぽの宿と国民の宿「国民宿舎」を比べてみた。

   

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、今回は
たまたまテレビで「国民宿舎」がお得!!
とやっていたので、同じような「かんぽの宿」と少し違いを見ていきたいと思います。

かんぽの宿 – Wikipedia

かんぽの宿(かんぽのやど)は、日本郵政株式会社が運営する旅館・ホテル。

国民宿舎 – Wikipedia

国民宿舎(こくみんしゅくしゃ)とは、自然公園や国民保養温泉地等の自然環境に優れた休養地に建てられた宿泊施設・休憩施設である。日本国民の健全なレクリエーションと健康の増進を図り、国民の誰もが低廉でしかも快適に利用出来ることを目的として1956年(昭和31年)に制度化された。

正直、「へぇ」と思ったのですが
違いとしては、国の管理する省庁が違うだけですよね。きっと。
と、思ったのですが、かんぽの宿は民営化されてるから違うんですよね。
(´・ω・`)ショボーン。

では、中国地方で比較していきます。

かんぽの宿:
6拠点。島根県には拠点なし。

国民宿舎:
20拠点。

国民宿舎の勝ちですね。
いや、何が勝ちなのかわかりませんが。

価格ですが、
かんぽの宿:
朝食付きから

国民宿舎:
基本食事付き(?)
※サイトを見る限り不明。

ここでは選択肢の多いかんぽの宿が勝ちかな?
かんぽの宿は朝食付きから豪勢なコースまであって面白いです。

今回参考にしたのは、
かんぽの宿は
「湯田」
国民宿舎は
「あいお荘」

ということで、立地が近いところを探してこのあたりで。

なお、かんぽの宿「湯田」で上のクラスが15000円台
萩のホテル 萩本陣 山口県萩市 宿泊プラン
【萩本陣】 宿泊プランの詳細
だと、今の時期15,000円で泊まれるわけです。

となると、あえてかんぽの宿を選ぶ必要はないなぁと。

ということで、国民の宿「国民宿舎」が旅行の目的地にあれば、選ぶ価値はあるかなぁと思ったのですが、
自分の行きたいところにそういったところあえて選んでを利用するのはありだけど、
旅行のパックものだったりとかだと、値段が変わりますよね。
自分でプランを作る場合だけですかね?

ぬぅ。

仙酔島


仙人が酔うほどに美しい島 「 仙酔島 」 – YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=3Y71GqdxzCk

みたいなところはあえて選ぶ価値があるのですが。
というか、ここ行ってみたいなぁと思った。
11/14から牡蠣小屋とか。

最後に。

関連動画でこんなのが出てきたので、おいておきますね。


岩佐美咲「鞆の浦慕情」(2014年1月8日(水)発売)[MVフル] – YouTube

[PR]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
短期間で運転免許を取りたい方

ウイルスバスターのご購入はこちら

NECアウトレット商品ノートPC

【SALE】ノートンシリーズ大好評販売中!





 - ローカル