TOMOROH’sBlog

スカイラインとROOX、トレンドマイクロ関係と時々なにか。

CMを見ないけど日産「MOCO(モコ)」は結構良い車だったのでこっそりレビュー

      2015/04/02

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、先日嫁の「ROOX」が飛び石でフロントガラスに30cm以上のヒビが入るという悲しい状況になりました。
過去飛び石ででヒビが入ったのは3回。
私のスカイラインが1回、嫁の車が2回。
すべて運転手は「私」
なにか呪われているんでしょうか。(涙)

で、即日修理に出し、本日かえって来たのですが
修理期間中に台車で出してもらったのが、日産の「MOCO」

モコ(日産)

ということで、今乗っている「ROOX」と今回乗った「MOCO」の違いを少しだけ。

所有している「ROOX」について

購入してから3年目。ですので2011年式です。
グレードは標準グレードでターボなし。
両面スライドドアですが、電動ではありません。
ただし、半ドアになることはなくそこはちゃんと勝手にしまってくれます。

試乗車「MOCO」について

2014年式(平成26年式)の最新型で方はおそらくグレードは「X オーディオ&バックビューモニター付」
エンジンは同じ「K6A」だと思ったのですが、「R06A」ということで、型が変わってます。
つまり、エンジンもかなり進化してそうです。

あっ、ちなみにどちらもスズキのOEMで、ベースは
ROOX⇒スズキ:パレット
MOCO(モコ)⇒スズキ:MRワゴン
となります。
今見たら、ROOXなくなってるんですね。今あるデイズルークスは三菱車ベースなのでまったくの別物ですし。

感想

で、乗ってみた感想ですが、
モコの方が全体的に走りやすいです。

曲がり角で車体が傾く感覚が少ないです。
ROOXだとぐわ~っという感じで傾いていたのが、ちょっと傾く感じ。
これは、車高が高いので仕方ないのかもしれません。

車高はモコもそれなりにあります。ルークスより低いのですが、窮屈感はありませんでした。
フロントガラスの視界広さによるところもあると思います。

あと、モコですが日産で言う「s-hybrid」に近い機能が搭載されています。
モコはOEMなのでその点はあまり大きな声で言っていませんが、大体同じ。

正確には発進時に利用するのではなく、電源が必要なラジオやエアコンなどに対して利用することを主としているので、正確には違うのですが、
減速時の発電により充電したものをその他のことで使う考え方は良いと思います。

アイドリングストップ

この機能はマツダが最初に始めたのですが、上で書いた機能と合わせるとかなり効率的になりますね。
アイドリングストップした場合、エンジンによる発電がないので、バッテリーによる電源供給になるとメインバッテリーは発電と充電を繰り返す形になりますので、
寿命が気になります。
これが別にあるということは大きな違いですね。

あと、エンジンが新設計なのか、エンジンの力が全然違いました。
発進時や加速時。
ルークスだと結構踏まないと大変だったのですが、これだとワンランク上(ターボ車)と同じぐらい加速していきます。
※正直ターボ車と勘違いするぐらい加速と燃費が違いました。

と、いうことで良かった点をつらつらと書いてきましたが気になった点をいくつか。

ブレーキを力強く踏まないと止まらない。

これは、車による個体差だけではないと思うのですが、
おそらくアイドリングストップのために、ブレーキは強めに踏む必要がありそうです。
ここは、今後直してほしいかも。

内装

ルークスは後部座席(正確には前の座席の背中側)に買い物袋をかけるところがあったのですが、省略されています。
個人的には結構使ってたんですよ。
あのフック。

最後に。

おそらく、モコはエンジンが新設計になっているようなので、このターボモデルであれば
リッタークラスの車の代わりに十分なるのではないかと思いました。
燃費もよく税金も安い。

これは、いいなぁと思ったのですが、子供がいるとどうしてもスライドが良くなります。
ですので、子供が小学生を過ぎたあたりの家庭では、スライドでなくてもなんとかなるという場合、
運転中のストレスが軽減されると思うので、試乗だけでも一度してみる方が良いと思います。

正直、燃費が2倍ぐらい良かったので、愕然としながらルークスを運転したのは内緒です。

なので、燃費が良い車を探しておりハイブリッドはちょっと高いという方。
スライドドアが必須ではない方は、一度検討してみる価値はあると思います。

ではでは。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

 - 自動車関係