コンピュータ・インターネット関係

Windows 10ではウイルス対策ソフトは必要か。

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、面白い検索結果があったので自分なりの考えを書いておきたいと思います。

なお、現在販売されているパソコンのOS(基本ソフト)は
・Windows 7
・Windows 8.1
なわけです。

Windows 7とWindows 8.1の違い

スタートメニューが話題なWindows 8.1ですが、
Windows 7との違いは
標準でウイルス対策ソフトが入っているかどうかです。

まあ、あとはデスクトップのガジェットがなくなってますが、まあいいでしょう。

個人的には、このウイルス対策ソフトの件について少し見ておきたいと思います。

まず、Windows 7では
Windows Defenderはスパイウェア対策であり、ウイルス対策はしてくれません。
ですので、

あたりをインストールすることにより、ウイルス対策できます。

では、Windows 8.1はどうなの?
という話ですが、
Windows Difenderは同様に入っています。

ただし、
機能は
「Windows 7」の「Windows Difender」+「Microsoft Security Essentials」
より上

Windows 8、Windows RT、Windows 8.1、Windows RT 8.1 には、Windows Defender によるマルウェア対策があらかじめ搭載されています。Windows 8.1 では、Microsoft Security Essentials は使えませんが、Windows Defender があらかじめ含まれていて、すぐに使用できるようになっているため、Microsoft Security Essentials を使う必要はありません。 ただし、旧バージョンの Windows を実行している PC については、Microsoft Security Essentials を使って、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアから保護することができます。無料* の Microsoft Security Essentials は、ご家庭や小規模企業の PC をリアルタイムで保護します。

注意: Windows Defender は、以前のバージョンの Windows でも利用できます。ただし、以前のバージョンの Windows Defender が備えているのは、スパイウェア対策機能のみです。Windows 8 と Windows 8.1 では、Windows Defender が持つすべてのマルウェア対策機能によってお使いの PC が保護されます。マルウェアには、ウイルス、スパイウェア、およびその他の望ましくない可能性があるソフトウェアが含まれます。

ということです。

ですので、最低限のセキュリティ対策は出来ているということ。

これで許されるのは、
その他ネットワーク的に対策ができており、利用しているソフトウェアが常に最新にできている人だけ。
そして、標的型攻撃のメールを受けても見分けがつく人。

まあ、無理ですよね。
私自身、標的型攻撃のメールを受けて100%回避できる自身はありません。

で、URLフィルタやメールフィルタ、危険なサイトへのアクセス防止、
危険なファイルの実行防止等々。

こういった機能は無料の製品ではできないので、やはり有償のソフトを買っておくべき。

ということで、Windows 10でもセキュリティ対策は必要です。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

もよいですが、


ESET パーソナル セキュリティ ダウンロード3年版 [オンラインコード]
ですね。

私はウイルスセキュリティZEROは信頼しておりませんが、機能を見るとそこまで悪く見えません。
ただ、

をみるとすごいようにみえますが、最近は

をみると本来のウイルス検知能力自体ではそれほど振るわないようですね。

既にWindows 10対応を謳っていますので、体験版を試してみるのも良いかもしれません。

あとは、



とかとか。
た~か~の~つ~め~

ではでは。

広告

-コンピュータ・インターネット関係

Copyright© TOMOROH’sBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.