iPhone/iPad/Android関係 Windows10 Windowsソフトウェア

Windows 10でiTunesを利用するならWindowsストアアプリはやめたほうが良いかも

さて、新しいiPhoneが発表されたのですが、それそれ。
そんな中、iPhoneを機種変更するのにiTunesでバックアップを取ってデータ移行をするかと思います。

で、今回
PC:Windows 10
Cドライブ:SSD 256GB
Dドライブ:HDD 1TB
というPCで
Cドライブの空き容量が4MB
になったので、
どうしたかを記載しておきます。

結論

iTunesをダウンロードする際、

Screenshot of www.apple.com

iTunes - iTunesを今すぐダウンロード - Apple(日本)

こちらにアクセスしダウンロードするかと。

この時、
画面下のほうにある、
「ほかのバージョンをお探しですか?
Windows

クリックすると、
Windowsストアアプリのリンクが
「Windows用のiTunes」
に変更されます。

こちらからダウンロードすることにより、
Cドライブに保存される「iPhoneのバックアップ」
が、Dドライブにリダイレクトできる記事の方法が有効になります。

参考:
Windows10でiTunesのバックアップ場所を変更する | プレスファンのブログ

原因なんですが、
Windowsストアアプリと通常のWindowsアプリケーションでは、バックアップの保存先が異なります。
しかも、Windowsストアアプリは、
「移動不可」
となっており、他のドライブへ移動できません。
最近販売されているiPhoneは
128GB
と大容量ですので、数回のバックアップで
Cドライブを食いつぶすことができるわけでして。

で、困ったことに
Windowsストアアプリで作成したバックアップは、
ストアアプリを削除しても消えないので

ストアアプリを消す前にバックアップを削除して
Windowsアプリケーションをインストールしましょうということでした。

というか、ストアアプリがインストールされた状態だと、
「Windowsストアアプリがあるから、消してからインストールしてね♬」
みたいな感じでして。

なお、Windowsストアアプリ版の「iTunes」バックアップの保存場所ですが、
%USERPROFILE%\Apple\mobileSync\Backup
ですね。
こちらリダイレクトかけるとよさそう。

広告

-iPhone/iPad/Android関係, Windows10, Windowsソフトウェア

Copyright© TOMOROH’sBlog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.